遺言

遺言

遺言とは

遺言とは、遺言を書いた人が最後に示す意思表示(思い、考えを伝えること)です。

 

そして、この遺言には法律で内容を実現する効力が認められているのですが、その形式(書き方)も法律によって定められており、間違った書き方をするとその効力も認められなくなってしまいます。

 

遺言音内容は主に財産分与に関すること、そして認知などの重要な証明をすること等があります。
どれも残された人にとっては非常に重要な問題となる場合が多くあります。

 

相続をめぐって相続人(相続を受ける人)の間でトラブルが起こることは、珍しくありません。

 

このトラブルを防ぐために、そして本当に大切な人が受け継ぐ財産を守るために、正しい遺言書を作成されることをおすすめします。

 

そのお手伝いをぜひ、当事務所にさせてください。

遺言の種類とは

遺言には災害時など非常時に書く場合を除き通常を用いられものとしては以下の3つの形式があります。

自筆証書遺言
特徴 自分一人で全文を書く遺言
注意点

・全て自分で記入する(代書やパソコン・テープレコーダーはダメ)
・遺言が完成した日付を記入する(平成○年○月○日と記入する)
・署名・押印をする
・自分で保管するので、滅失・改ざんに気をつける
・(できれば)それとなく配偶者には存在を知らせておく
・封印するかどうかは自由だが、したほうが良い

メリット

・遺言の存在・内容を秘密にできる
・公証人の世話にならないため、費用もかからず簡単に作成できる
・いつでもすぐに書き換え、変更ができる(最後に書いたものが有効)

デメリット

・遺言書の隠匿、偽造、紛失の恐れがある
・個人で書くため、遺言としての要件が欠けてしまう場合もある
・遺言者の死後、遺言書が発見されないこともありうる
・本当に本人が書いたものか、遺言者の死後に争いが起きることもある
・執行時に家庭裁判所の検認の手続きが必要となる

公正証書遺言
特徴 公証役場で公証人に作ってもらう、最も確実な遺言
注意点

・立ち会う証人が2人以上必要
・あらかじめ実印や印鑑証明書などを用意しておく

メリット

・公証人が作成するので、まず無効にならない
・遺言書の原本が必ず公証役場に保管されますので、滅失、隠匿、偽造、変造の恐れがない
・家庭裁判所の検認手続きの必要もなく、簡単に執行できる

デメリット

・作成のために手間と費用がかかる
・2人以上の証人が必要
・証人には遺言の内容を知られてしまう

秘密証書遺言
特徴 遺言の「内容」を秘密にして、遺言の「存在」のみを公証人役場で証明してもらう
注意点

・パソコンの使用、代筆が可能(ただし、自筆の署名、捺印が必要)
・封入・封印が必要
・2人以上の証人が必要

メリット

・遺言書の「内容」を他人に秘密にしたまま、遺言書の「存在」を明らかにできる
・遺言書の偽造・変造の心配がほとんどない

デメリット

・作成時に公証人を利用しなければならないため、面倒な手続きと費用がかかる
・公証人は遺言の「内容」まで確認をするわけではないので、遺言としての要件が欠けてしまう場合もある
・執行時に家庭裁判所の検認の手続きが必要となる
・遺言書の滅失・隠匿の心配はある

 

 

相続人の人数や遺産となる財産の価値、単純な財産以外の相続など、状況により、どの形式が最善かは変わってきます。
遺言書を作成してみようと思われた際は、ぜひ、無料相談をご利用ください。
一緒に最善の形式を考えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 事務所概要 業務一覧 ご依頼手順 休日/時間外対応 報酬一覧 お問合せ