離婚問題

離婚協議書って?

離婚協議書とは、離婚の際に当事者お二人で定める約束の契約書(証拠)です。

 

慰謝料や養育費、不動産の権利、現金預金の分配、親権者、監護権者の定めなど、離婚の際にお二人で決める約束はたくさんあります。
大事な約束だからこそ、契約書という証拠を残すのです。

離婚協議書を作るメリットは?

離婚協議書を作る目的は、約束を守ってもらうためです。

 

この『約束を守る』とは、いろいろな意味があります。

 

例えば、養育費の額をしっかりと離婚協議書で定めたとします。
養育費を受ける側としては、養育費を支払って貰えない場合に請求するための根拠となります。
養育費を支払う側としては、離婚後の無茶な要求を断る根拠となります。

 

離婚後の未来は誰にも分りませんし、養育費の他にも子供との面会交渉の条件や結婚期間中の年金等、10年もすれば思わぬトラブルや生活の変化が発生することも珍しくないのです。

 

協議書という証拠を作成するメリットは、夫婦のどちらにとっても『保険』になることではないでしょうか。

協議書のひな型、テンプレートを使用することについて

インターネットを見ると、いたるところにひな型、テンプレートといったものが、あります。
また、書籍もたくさん売っているので、自分で作ってみようと思うこともあるでしょう。

 

ただ、離婚事由は、人それぞれで、同じ状況、同じ内容の離婚は存在しません。
一口に財産といっても、現金預貯金、不動産、生命保険や骨董品まで様々なものがあります。

 

親権を決めたからと言って、監護権という権利があります。

 

また、結婚生活中に夫婦で支払っていた年金を分割できるのです。

 

お子様との面会交渉の条件には、回数や頻度以外にも決めることがあります。

 

離婚の時点で話し合っておけばスムーズに決まったであろう問題が、後に大きな障害となって表れてくることがあります。

 

それが離婚というものです。

 

わずかな時間を惜しんで、インターネットなどのテンプレートを使って作った離婚協議書に穴があったとしても、仕方ないと後悔することしか手段は残されていないのです。

離婚の本来の目的

離婚を考えているとき、とにかく一刻も早く離婚したいという気持ちは誰しもあります。

 

でも、離婚することが目的ではないですよね?

 

本当の目的は離婚によって幸せな第二の人生を歩むことです。そのことを忘れないでください。

 

離婚に多いトラブルは、子供との面会交渉の詳細や養育費の支払い等お金と子供にかかわることです。

 

これらの問題について、ご依頼人の味方になって、ご依頼人が離婚後不利にならないような書類を作成します。

 

まずは無料相談をご利用ください。

 

無料面談にて状況をお聞きした上で、内容を作成します。

 

私たち行政書士でも、電話一本で状況を把握し、完璧な離婚協議書を作ることは困難です。
無料面談をぜひご活用ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 事務所概要 業務一覧 ご依頼手順 休日/時間外対応 報酬一覧 お問合せ