風俗営業許可

風俗営業許可って?

開業しようと思うお店について、チャートで確認してみましょう♪

愛知県,安城市,行政書士,女性

風俗営業の種類

平成28年6月23日に全面施行された、改正風営適正化法・風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)〔平成27年6月24日法律第45号〕に、風俗営業とは以下の通り分類されています。

分類 法律の条文

1号

キャバレー、待合、料理店、カフェーそのほか設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食させる営業 キャバレー、スナック、ホストクラブ、キャバクラ等

2号

喫茶店、バーそのほか設備を設けて客に飲食させる営業で国家公安員会規則で定めるところにより計った営業所内の照度を10ルックス以下として営むもの(第1号に該当する営業として営むものを除く) 暗くして飲食を提供するレストランや、バー

3号

喫茶店、バーそのほか設備を設けて客に飲食させる営業で、他から見通すことが困難であり、かつその広さが5平方メートル以下である客席 個室喫茶、

4号

まあじゃん屋、ぱちんこ屋、そのほかの設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業 麻雀、パチンコ店

5号

スロットマシン、テレビゲーム機そのほかの遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る)を備える店舗又はこれに類する区画された施設(旅館業そのほかの営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものは除く)において当該遊技設備により、客に遊技させる営業(第4号に該当する営業は除く) ゲームセンター

改正前に規制対象ではなかったものとして、以下のものがあります。

特定遊興飲食店営業 ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興させ、かつ客に飲食させる営業(客に酒類を提供して営むものに限る)で午前六時後翌日午前零時前の時間においてのみ営むもの以外のもの(風俗営業に該当するものを除く)をいう ナイトクラブ、ライブハウス

この規定により、深夜に飲酒を伴うダンスイベントや、クラブイベントを行うことができるようになりました。
ただし、照度は10ルクス超になるようにしないといけませんが・・・。

 

その他、以下のようなものもあります。

性風俗関連特殊営業

分類

 

法律の条文

店舗型性風俗特殊営業
※1

 

 

 

 

 

1号 浴場業(公衆浴場法第1条第1項に規定する公衆浴場を業として経営することをいう)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触る役務を提供する営業 ソープ
2号 個室を設け当該個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触す役務を提供する営業(1号に該当する営業を除く) 店舗型ファッションヘルス
3号 専ら性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行そのほかの善良の風俗又は少年の健全な育成に与える営業が著しい興行の用に供する興行場(興行場法第1条第1項に規定する斧をいう)として政令で定めるものを経営する営業 ストリップ劇場個室ビデオ
4号 専ら異性と同伴する客の宿泊(休憩を含む。以下この条において同じ)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業 ラブホテル、モーテル
5号 店舗を設けて、専ら、性的好奇心をそそる写真、ビデオテープその他の物品で政令で定めるものを販売し、又は貸し付ける営業。 アダルトショップ、大人のおもちゃ、アダルトビデオコーナー等
6号 前号に掲げるもののほか。店舗を設けて営む性風俗に関する営業で、善良の風俗、清浄な風俗環境又は少年の健全な育成に与える影響が著しい営業として政令で定めるもの 出会い(系)喫茶等

無店舗型性風俗特殊営業

 

1号 人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することをにより営むもの デリバリーヘルス
2号 電話その他の国家公安委員会規則で定める方法による客の依頼を受けて、専ら、前項第5号の政令で定める物品を販売し、又は貸し付ける営業で、当該物品を配達し、又は配達させることにより営むもの アダルトビデオ等通信販売営業

映像送信型性風俗営業

 

専ら性的好奇心をそそるため性的行為を表す場面又は衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる営業で、電気通信設備を用いてその客に当該映像を伝達すること(放送又は有線放送に該当するものは除く。)ことにより営むもの インターネットのアダルト動画配信サイト

店舗型電話異性紹介営業

 

店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む。次項においても同じ)を希望するものに対し、会話(伝言のやり取りを含むものとし、音声によるものに限る。以下同じ)の機会を提供することにより、異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申し込みをできん通信設備を用いて当該店舗に立ち入らせた他の一方の野茂に取り次ぐことによって営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含む)をいう テレホンクラブ

無店舗型電話異性紹介営業

 

専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申し込みを電気通信設備を用いてほかの一方の者に取り次ぐことによって営むもの(その一方の者が当該営業に従事する者である場合におけるものを含むものとし、前項に該当するものを除く)をいう

ツーショットダイヤル、伝言ダイヤル
※2

※1:愛知県において、店舗型性風俗特殊営業の1号、2号、4号(モーテル)、6号については、県内全域で新規の営業が条例により禁止されています。
※2:出会い系サイトについては別の法律で規制されています
        ⇒インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律〔出会い系サイト規制法〕

 

その他
接待業務受託営業 専ら、1.接待飲食等営業、2.店舗型性風俗特殊営業、3.特定遊興飲食店営業、4.深夜酒類提供飲食店営業 の営業を営むものからの委託を受けて当該営業所において客に接する業務の一部を行うこと(当該業務の一部に従事する者が委託を受けた者及び営業を営む者の指揮命令を受ける場合を含む)を内容とする営業をいう。 コンパニオン派遣業、芸者置屋、外国人芸能人招聘業

風俗営業の許可基準

風俗営業許可取得の重要なポイントは3つあります。

1.人的要件

1つ目は人的要件です。営業を行う者が欠格要件に該当していないことが求められます。

2.構造的要件

2つ目は構造的要件です。これは、風俗営業を行う店舗の設備や内装など、店の構造が許可の基準に適しているかどうか、ということです。店舗を作ってから「この間取りじゃ許可が取れない」なんてことにならないよう、設計段階から許可のことを考慮して行く必要があります。

3.場所的要件

最後の3つ目は場所的要件、つまり立地です。営業許可が取れる地域とそうでない地域があります。例えば、「小学校や保育所の近くはNG」というもの。どんなに人的要件や施設的要件をクリアできても、立地がNGだとどうにもなりません。

風俗営業許可基準1-人的要件

許可基準の1つ、人的要件です。
許可申請をしようとする者が以下に該当する場合は、許可が取得できません。
法人の場合は、役員全員がクリアする必要があります。1つでも該当した場合はNGとなります。

  1. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者
  2. 1年以上の懲役若しくは禁錮の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  3. 無許可営業、不正受許可、相続・合併・分割における不正受承認、名義貸し、処分命令違反(取消・禁止・停止等)、禁止区域営業、構造設備の無承認変更の罪を犯して1年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  4. 公然わいせつ、わいせつ物頒布、淫行勧誘、賭博、常習賭博、未成年者略取誘拐、営利目的等略取誘拐、所在国外移送目的略取および誘拐、人身売買、被略取者等所在国外移送、幇助目的被略取者引渡し等およびその未遂、組織的犯罪処罰法違反、 売春防止法違反、 児童買春・児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反、 職業安定法違反、出入国管理及び難民認定法違反、労働者派遣法違反、労働基準法違反、 児童福祉法違反の罪を犯して1年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  5. 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者
  6. アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
  7. 風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
  8. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
  9. 法人の役員、法定代理人が上記1から8までに掲げる事項に該当するとき

風俗営業許可基準2-構造的要件

構造的要件とは、建物の構造に求められる要件(基準)です。
床面積や証明設備・照度など、設備に関する要件があります。

接待飲食営業

共通

  1. 客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
  2. 善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。
  3. 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りでない。
  4. 第三十二条に定めるところにより計つた騒音又は振動の数値が法第十五条の規定に基づく条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

1号営業(キャバレー、スナック、ホストクラブ等)

  1. 客室の床面積は、和風の客室に係るものにあつては一室の床面積を九・五平方メートル以上とし、その他のものにあつては一室の床面積を十六・五平方メートル以上とすること。ただし、客室の数が一室のみである場合は、この限りでない。
  2. 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  3. 第三十条に定めるところにより計つた営業所内の照度が五ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

2号営業(暗くして営業しているレストラン、バー等)

  1. 客室の床面積は、一室の床面積を五平方メートル以上(客に遊興をさせる態様の営業にあつては三十三平方メートル以上)とすること。
  2. 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  3. 第三十条に定めるところにより計つた営業所内の照度が五ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

3号営業(個室喫茶等)

  1. 第三十条に定めるところにより計つた営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
  2. 令第三条第三項第一号ハに掲げる設備を設けないこと。
遊技場営業

共通

  1. 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  2. 善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。
  3. 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りでない。
  4. 第三十条に定めるところにより計った営業所内の照度が十ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。
  5. 第三十二条に定めるところにより計った騒音又は振動の数値が法第十五条の規定に基づく条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

4号営業(麻雀、パチンコ等)

  1. ぱちんこ屋及び令第八条に規定する営業にあつては、当該営業の用に供する遊技機以外の遊技設備を設けないこと。
  2. ぱちんこ屋及び令第十五条に規定する営業にあつては、営業所内の客の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること。

5号営業(ゲームセンター等)

  1. 遊技料金として紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこと。

風俗営業許可基準3-場所的要件

店舗(営業所)の立地場所は許可基準の1つです。風俗営業のできる地域・できない地域があります。
風俗営業許可を取得するには、その土地が風俗営業のできる土地かどうかがまず第一になります。そしてさらに、保護対象施設が一定の距離内にないことが条件になります。(各都道府県で異なる部分があります。)

 

 

1種

2種

3種

4種

5種

1号

×

 

学校(大学を除く)及び幼保連携型子供園の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から100mの区域内
保育所、病院及び診療所(入院施設のあるものに限定)の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から50mの区域内

 

学校(大学を除く)及び幼保連携型子供園の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から70mの区域内
保育所、病院及び診療所(入院施設のあるものに限定)の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から30mの区域内

 

 

 

 

2号

3号

4号

5号

学校(大学を除く)及び幼保連携型子供園の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から70mの区域内
保育所、病院及び診療所(入院施設のあるものに限定)の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から30m区域内

 

学校(大学を除く)及び幼保連携型子供園の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から
50mの区域内
保育所、病院及び診療所(入院施設のあるものに限定)の敷地(当該施設の用に供するものと決定した土地を含む)の周囲から30mの区域内

第一種地域
都市計画法(昭和四十三年法律第百号)第八条第一項の規定により都市計画において定められた次に掲げる地域

  1. 第一種低層住居専用地域
  2. 第二種低層住居専用地域
  3. 第一種中高層住居専用地域
  4. 第二種中高層住居専用地域
  5. 第一種住居地域
  6. 第二種住居地域

第二種地域
都市計画法第八条第一項の規定により都市計画において定められた準住居地域

第三種地域 
第一種地域、第二種地域、第四種地域及び第五種地域以外の地域

第四種地域
都市計画法第八条第一項の規定により都市計画において定められた商業地域(第五種地域を除く。)

第五種地域
名古屋市の区域のうち

  • 千種区今池一丁目(八番から十三番まで、二十九番及び三十番に限る。)
  • 今池三丁目(四番に限る。)
  • 今池四丁目(七番及び九番から十一番までに限る。)
  • 今池五丁目(一番から三番まで、八番から十三番まで及び十八番から二十七番までに限る。)
  • 内山三丁目(三十二番及び三十三番に限る。)
  • 中区栄三丁目(八番から十三番までに限る。)
  • 栄四丁目(一番、六番及び十九番を除く。)
  • 新栄一丁目(一番、十一番及び十二番に限る。)
  • 錦三丁目(十二番から十四番まで及び十七番から十九番までに限る。)

の区域

 

風俗営業許可手順はこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 事務所概要 業務一覧 ご依頼手順 休日/時間外対応 報酬一覧 お問合せ